恵比寿文化祭で開催される「恵比寿BOOK CAMP 古本市」に参加します!

毎年10月、恵比寿ガーデンプレイスで開催されている「恵比寿文化祭」というイベントをご存知でしょうか?恵比寿に関わる人や企業によってさまざまな催しがされているようです。スタンダードは恵比寿にオフィスを構えてから1年半程たちますが、私は最近知りました。

今回、株式会社コンセント社のお誘いで、この恵比寿文化祭に展開される「恵比寿BOOK CAMP」で開催される「古本市」に出品させていただくことになりました。

恵比寿BOOK CAMP 古本市について

恵比寿のオフィスワーカーが出品者となり、自身の職種でのおすすめ本や、自身の会社での必読本など、それぞれがテーマを決めて本をセレクトします。
これから就職する人や仕事に役立つ本を探している人はもちろんですが、そうでない人も、新しい視点で本を選ぶ楽しみを体験できると思います。さらには、「本」という身近なものを入口に、会社や人、新しい恵比寿の一面を知るきっかけとなるでしょう。
—amuのWebサイトより

「恵比寿BOOK CAMP 古本市」は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にされた企画のようです。
http://sbs.yanesen.org


出品書籍のテーマ

「20年後にまた読みたくなる20冊」

スタンダードからは、「20年後にまた読みたくなる20冊」というテーマで20冊(20作)を選書、出品させていただきます。

年間で数百冊の本を読んでいるスタンダードの各メンバーが、20年経ってもまた読み返したくなると感じた書籍を、少し変わった方法で出品します。

時間帯によっては弊社メンバーも立ち会っておりますので、3連休の開催となりますが、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!

furuhon-ichi
Photo by ryo_pan


イベント概要

会期:2016.10.08(土) ~ 2016.10.10(月) 13:00〜17:00 ※入退場自由
会場:恵比寿ガーデンプレイス時計広場
参加費:無料 ※

※「古本市」は入場無料、入退場自由のため、お申し込み・事前予約は不要です。恵比寿BOOK CAMPにて紹介されている他の各イベントについては、別途お申し込みが必要となります。

より詳しい情報はコンセント社が運営するサイトよりご覧ください
http://www.a-m-u.jp/event/201610_ebc_ebisubunkasai.html


古本市のレポートを公開しました

恵比寿文化祭 古本市へ出品した「20年後にまた読みたくなる20冊」
10月8日から10日の3連休で行われた恵比寿文化祭の古本市へ出品させていただきました。この記事では期間中の様子や出品させていただいた書籍についてご紹介します。
Kenichi Suzuki

「本棚とノート」発起人&株式会社スタンダード代表取締役。最近よく読む書籍の分野は戦略論や製品開発、ダイエット手法、会計など。好きな漫画はちはやふるとキングダム。なかなか痩せない元ケーキ職人。