STANDARDメンバーが注目する2017年2月発売の書籍

こんにちは、ディレクターの古賀です。
最近は、誕生日プレゼントにいただいた「知恵の樹―生きている世界はどのようにして生まれるのか」を読んでいます。

さて、このシリーズでは毎月発売される書籍の中からSTANDARDメンバーが特に注目する書籍や気になる書籍を独断でピックアップしてご紹介しています。
(過去のご紹介記事はこちらからご覧いただけます)

今回ご紹介する書籍は、2017年2月発売の 5分野 全11冊です。気になる書籍があれば、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

目次


遙かなる他者のためのデザイン ─久保田晃弘の思索と実装(仮)

遙かなる他者のためのデザイン ─久保田晃弘の思索と実装(仮)
久保田晃弘
ビー・エヌ・エヌ新社 (2017-02-25)
売り上げランキング: 205,198

真に新しいもの、まだ見ぬ未知のものをつくりだすということは、どういうことなのか ── 芸術と工学を行き来し、脱中心を志向しながら常に最先端を走り抜けてきた久保田晃弘、その20年分の設計論を精選収録。テクノロジーとともに更新されゆく人間と社会の未来を照らし出す一冊 … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:遙かなる他者のためのデザイン ─久保田晃弘の思索と実装(仮) 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

アート・デザイン・テクノロジーなど幅広く長けた久保田さんの思想が詰まった1冊。これからの時代に、私たちはどのような社会に向けてデザインに対峙していけばいいのか、今の人間中心社会に問いを投げかけるような1冊になっていそうなのでとても楽しみです。
(デザイナー 川地真史)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

DESIGN IS DEAD(?) デザイン イズ デッド?

DESIGN IS DEAD(?) デザイン イズ デッド?
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 168,837

2010年代にはいり「デザイン」が色や形や素材の話に留まらず、アイデアやビジネス・スキームにまでその領域を広げてきている。一方で、2020年東京五輪における競技場建設やロゴマークの問題は、デザイン行為に対する懐疑を広げることになった。そうした現在、これからの「デザイン」を考えるために重要なことは、デザイン行為をゼロから見つめ直し、問題点を洗い出し … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:DESIGN IS DEAD(?) デザイン イズ デッド? 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

『デザイン』が抽象的な概念/行為に陥りつつある昨今、デザインに関わる様々な領域で「デザインとはなにか?」を問い直すための試みが多く見られるようになりました。本書もそういった試みの一つとして、 “デザイン行為をゼロから見つめ直す” ことをテーマに、デザインに関する現状分析、社会の変化や歴史を整理しているようです。
非常にキャッチーなタイトルに釣られた感も否めませんが(笑)、気になる一冊です。
(ディレクター 古賀)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

広報担当者のためのデザイン入門-PR活動にデザインを取り入れるために知っておきたいこと

広報担当者のためのデザイン入門-PR活動にデザインを取り入れるために知っておきたいこと
ビー・エヌ・エヌ新社 (2017-02-21)
売り上げランキング: 277,172

デザインの知識を身につけて、より「届く」「伝わる」広報活動を実践しましょう!
「そもそも広報ってどういう仕事なの? 広報になりたてで分からない…! 」 「広報物をきちんと機能するものにしたいけれど、どうしたらよいか分からない」 「どのような方向性で広報物を作るべきか、社内での意見がまとまらない」 … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:広報担当者のためのデザイン入門 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

良い製品/サービスを生み出すことはもちろん重要ですが、昨今「それらをいかに伝えるか」についての重要性にも注目が集まり、様々な場所で語られています。そういった中で、企業の情報発信の領域を長年担当してきた『広報』のデザインから、私たちが学べることは多いのではないでしょうか。
(ディレクター 古賀)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

ウニはすごい バッタもすごい – デザインの生物学

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学
本川 達雄
中央公論新社
売り上げランキング: 444,718

空を飛ぶ動物といえば鳥と昆虫。 鳥は骨が体内にあり、骨が支えている筋肉を動かすことで羽ばたく。からだを飛ばすためにはたくさんの酸素が必要なので、肺呼吸で取り入れた酸素を血液にのせてからだの隅々まで行き渡らせる … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:ウニはすごい バッタもすごい 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

「体」というのは神秘的であり、あまりに綺麗にデザインされているシステムですが、多様な生物たちの体の仕組みはどうデザインされているのでしょう。例えば同じ「移動する」という行為に至るにも、生物により必要な構成要素もその要素同士の関係性も全く異なるシステムの下で成り立っています。あらゆるものをシステムとして捉えてみるとそんな生物たちから学ぶことは多いのではないでしょうか。
(デザイナー 川地真史)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

クックパッドデータから読み解く食卓の科学

クックパッドデータから読み解く食卓の科学
中村 耕史 伊尾木 将之 佐々木 健太 村上 雅洋
商業界
売り上げランキング: 255,625

日本最大のレシピサービス「クックパッド」による食品スーパー関係者必修のビッグデータ活用法。 「食べたい」と「売場」をつなぐヒントが満載です … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:クックパッドデータから読み解く食卓の科学 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

2015年に発売された「少し先の未来」を予測する クックパッドのデータ分析力の発売から約1年半。豊富な著者陣になり、ページ数も約2倍に増えており、クックパッドの「たべみる」サービスでのデータを元にした活用方法や、データに注目する際の視点について学べる一冊で、特にフード系サービスの関係者であれば必読の一冊かもしれません。
(UXデザイナー 鈴木智大)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

ビジネスリノベーションの教科書──最小のリスクで最大の効果を上げるヒケツ

ビジネスリノベーションの教科書──最小のリスクで最大の効果を上げるヒケツ
西村 佳隆
自由国民社 (2017-02-10)
売り上げランキング: 4,931

イノベーションから、リノベーションへ。売上50倍に大逆転! あきらめていた〝負け仕事〟が〝勝ち(価値)仕事〟に生まれ変わる!
「売れなかったあのバイクが、なぜ大ヒットモデルに生まれ変わったのか?」いまあるビジネス資産の強みを活かして顧客の価値観に合わせた新コンセプトで価値を生み出す … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:ビジネスリノベーションの教科書 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

コピーには最小のリスクで最大の効果と書かれており、またリノベーションですので、既存事業に対してのレバレッジの見極めや、リーンスタートアップのプロセスのようにフィードバックループを小さくしてリスクを最小化することについて書かれていそうな気がしますが、個人的にはリノベーションに踏み切る際の意思決定の仕組みや、リノベーションのアンチパターンにも期待しています。
(UXデザイナー 鈴木智大)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

非連続イノベーションへの解: 研究開発型産業のR&D生産性向上の鍵

非連続イノベーションへの解: 研究開発型産業のR&D生産性向上の鍵
小久保 欣也
白桃書房
売り上げランキング: 449,028

非連続なイノベーションが自社以外で生まれ、既存の事業者が後追いでもそのイノベーションに対応する反応型戦略を取らざるを得ない場合には、M&A(合併・買収)や、M&Aより緩やかな提携であるオープンイノベーションを戦略として採用し … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:非連続イノベーションへの解 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

R&Dについては以前より重要性が叫ばれてはいたものの、組織の中でのその“あり方”については模索している状態が今もなお続いてるように感じます。そういった背景からか、本書は非連続イノベーションの思考や手法そのものではなく、組織マネジメントという切り口でR&Dを取り巻く諸問題に対応しようとしています。過去、近しい課題感を目撃していた自分にとっては、とくに興味深い一冊です。
(ディレクター 古賀)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

コミュニケーション実践トレーニング

コミュニケーション実践トレーニング
杉原 桂 野呂 幾久子 橋本 ゆかり
ナカニシヤ出版
売り上げランキング: 561,002

信頼関係を築く、見方を変えてみる、多様な価値観を考える――ケアや対人援助などに活かせる基本トレーニング … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:コミュニケーション実践トレーニング 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

紹介文の「ケアや対人援助などに活かせる」の通り、この本は主に介護福祉系の読者を想定していると思われます。しかし目次にある「信頼関係を築く(ラポール)」「見方を変えてみる(リフレーミング)」「人それぞれの価値観(ビリーフ) 」といった言葉たちを見ると「人間と接する人」全般に様々な学びをもたらしてくれる本のように思えます。例えば、リサーチの共感と理解を深める段階においても助けとなってくれそうです。
(デザイナー 吉竹)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

いのちに国境はない:多文化「共創」の実践者たち

いのちに国境はない:多文化「共創」の実践者たち
川村 千鶴子
慶應義塾大学出版会

「多文化途上国」日本にあって、多様なバックグラウンドを持つ人々と正面から向き合う<実践者>たち。夜の中学校で、街角の不動産屋で、雑居ビルの病院で奮闘する彼らのナマの声に耳を傾け、日本社会のひずみと矛盾を浮かび上がらせる … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:いのちに国境はない 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

多様性・ダイバーシティと叫ばれ続けているこの時代。はたまた経済から垣間見えてきたローカリゼーションへの流れ。そのような交錯の中で、日常の身近なスポットに灯をあて、日本社会と多文化というテーマで切り込んでいく期待の1冊です。
(デザイナー 川地真史)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

ライフデザインと希望

ライフデザインと希望
ライフデザインと希望

posted with amazlet at 17.02.01
石田 浩
勁草書房
売り上げランキング: 941,876

若者の間の格差・不平等の現状はいかなるものなのか。格差はどの時点で生まれ、連鎖していくのか。本シリーズは10年近くに亘る追跡調査データを分析したものである。第1巻では学歴を取得する過程、学校から職場への移行、職業キャリアを、 … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:ライフデザインと希望 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

何を隠そう学生時代「ライフデザイン学部」に所属していた私。このタイトルは気になります。
内容は若者間の格差について、10年近くに及ぶ追跡調査とデータから分析しているそうです。学ぶこと、働くこと、生きることについて、次の10年20年を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。
(デザイナー 吉竹)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

市民社会論: 理論と実証の最前線

市民社会論: 理論と実証の最前線
坂本 治也 田村 哲樹 山本 英弘 吉田 忠彦 丹羽 功 藤田 俊介 桜井 政成 善教 将大 小田切 康彦 仁平 典宏 岡本 仁宏 森 裕亮 足立 研幾 後 房雄 樋口 直人
法律文化社
売り上げランキング: 334,046

市民社会の実態と機能を体系的に学ぶ概説入門書。第一線の研究者たちが、3部16章編成で理論と実証の最前線を解説する … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:市民社会論 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

昨年Civic Techと出会って「社会とは」「市民とは」「公共とは」とぽつぽつ考え続けている今日この頃なのですが、この本はそんな私に一定の解を与えてくれそうな予感がしています。日本全国の大学の教授陣が執筆に参加しており、章の構成にも期待です。
(デザイナー 吉竹)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです


以上、2017年2月発売の 5分野 全11冊でした。
いかがでしたでしょうか。ご紹介した中で気になる書籍や探していた内容の書籍が見つかれば幸いです。

また、スタンダードではこういった新刊情報を随時Googleカレンダーで公開しています。詳細には購入先リンクもありますので、よろしければ現在お使いのGoogleカレンダーに追加してみてください。

Standard Books Calendar

自分のカレンダーに追加

Akira Koga

株式会社スタンダード ディレクター。最近よく読む書籍の分野は、哲学・思想、倫理・道徳、ビジネス・経済など。書籍やネット記事の“積ん読”に長けています。