STANDARDメンバーが注目する2017年4月前半に発売された書籍

こんにちは、ディレクターの古賀です。
昨今話題のVUIに触発されて、改めて『ファスト&スロー』を読んだりしています。

さて、このシリーズでは毎月発売される書籍の中からSTANDARDメンバーが特に注目する書籍や気になる書籍を独断でピックアップしてご紹介しています。
(過去のご紹介記事はこちらからご覧いただけます)

今回ご紹介する書籍は、2017年4月前半に発売された 4分野 全5冊です。気になる書籍があれば、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

目次


Creative Neighborhoods: 住環境が新しい社会をつくる

Creative Neighborhoods: 住環境が新しい社会をつくる
誠文堂新光社
売り上げランキング: 37,707

これからの建築・都市そして社会のありかたを、「居住・生活」を中心とした“Creative Neighborhoods(創造的な地域社会・空間)”という新たな主題を通して考える。これは、横浜国立大学大学院/建築都市スクール“Y-GSA”が … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:Creative Neighborhoods 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

住環境とは、私たちの生活を彩るものです。単なる住まいで完結するではなく、その近隣の人とのつながり、自然とのつながり、そうした包括的な空間を含めた創造的地域社会との相互作用を通して、「新しい住まい」の在り方や関係性を考えるための1冊です。今後、人口減少に伴い様々な問題ー例えば新たな介護や教育の必要性ーが生じてきます。そこに必要なのは、その住まいを含めた地域社会での相互補完的な関係性だと感じます。そうした関係性をどのようにハードとしての空間的観点やソフト面のマインドセットの変化から捉え直すことが出来るのか?そうしたことを説いているのではないかと期待しています。
(デザイナー 川地真史)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン
ブルーシープ
売り上げランキング: 273,751

2月16日に89年の生涯を閉じたディック・ブルーナ。ベストセラー絵本シリーズ「ミッフィー(うさこちゃん)」の作者としてだけでなく、グラフィックデザイナーとして「ブラック・ベア」シリーズのブックデザインやポスターなど … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

‪今年2月に亡くなられたオランダのグラフィックデザイナー / 絵本作家のディック・ブルーナ氏。本書は、500点近くの絵本原画やポスターなどが並ぶ展示会の図録になります。ブルーナ氏のデザインに触れることで、シンプルで温かみのある佇まいの一端を知れるのではないでしょうか。
(デザイナー 吉竹遼)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」

100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」
橋口 幸生
誠文堂新光社
売り上げランキング: 771,600

facebookやtwitterなど、短い言葉で自分を表現することが日常化した現代は、「だれもがコピーライターの表現術を知っていて損はない時代」と言えるかもしれません。企業におけるWEBコピーの重要性も高まってきています … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:100万回シェアされるコピー 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

Webで使われるコピーに特化した本です。少しずつ非言語のSNSなども増えている昨今ですが、まだまだTwitterやFacebookは根強い面があります。短い時間に消費され消えていく多くの言葉たちの中から、いかに目的とするターゲットに振り向いてもらえるか。そんな言葉のデザインを学べるのではないかと期待しています。
(デザイナー 吉竹遼)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです

ウエルビーイング – 二一世紀、コンピュータ文明を迎えて

ウエルビーイング - 二一世紀、コンピュータ文明を迎えて (MyISBN - デザインエッグ社)
ゲンヒロ
デザインエッグ社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 641,955

敗戦によって魂(心の安住の地、よりどころとする世界観)を失った主人公「僕」は、懐疑的で虚無的な生き方をしてきた。一方、妻を亡くし、知的障害の娘との関わり方にも苦悩する。心身共に病にむしばまれて、死の恐怖に見舞われながら … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:ウエルビーイング 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

ロボット・AIを始めとして、人間とは何か?という存在理由を問う必要が出てくるほどのテクノロジーの進展。しかし、様々なテクノロジーを生活に取り込んだ結果として私たちの生活は真に”幸福”だと言えるのでしょうか?アルゴリズムにより、自分好みの情報に囲まれる情報環境は視るべき世界から目を逸らすことを助長し、即時的なコミュニケーションは身体性を介在させた人との触れ合いを減らす、そうした問題を常にはらんでいます。本書は、そうしたテクノロジーに支配された現代人に対して生きることの意味自体を問い直す、提起のための小説だと感じます。
(デザイナー 川地真史)

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 345

「才能を隠してはならない。それは、使うためにつくられたものだ。日陰に置かれた日時計にいったい何の意味があるだろう」(ベンジャミン・フランクリン) 「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場! 皆さんは毎日、自分の強みを … Amazon.co.jpで続きを見る
引用:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0 内容紹介より

STANDARDメンバーのコメント

自分の持つ「5つの資質(強み)」がわかるウェブテスト〈ストレングス・ファインダー〉で有名なシリーズの最新作です。新版ではより実践的な「その資質をどう使えば自分の武器になるか」などの強みの活かし方にフォーカスした内容になっています。また、ウェブテストも〈ストレングス・ファインダー2.0〉へと進化しており、よりパーソナルにカスタマイズされた結果が得られるものになっているようです。まだ旧版を読まれていない方・ウェブテストをされていない方はもちろん、すでに読まれた方・ウェブテストをされた方で実生活にうまく活かせていないと感じている方にもオススメです。
(ディレクター 古賀彬)

以下のような書籍に関心のある方がチェックしているようです


以上、2017年4月前半に発売された 4分野 全5冊でした。
いかがでしたでしょうか。ご紹介した中で気になる書籍や探していた内容の書籍が見つかれば幸いです。

また、スタンダードではこういった新刊情報を随時Googleカレンダーで公開しています。詳細には購入先リンクもありますので、よろしければ現在お使いのGoogleカレンダーに追加してみてください。

Standard Books Calendar

自分のカレンダーに追加

SHARE
Akira Koga

株式会社スタンダード ディレクター。最近よく読む書籍の分野は、哲学・思想、倫理・道徳、ビジネス・経済など。書籍やネット記事の“積ん読”に長けています。