「分類する技術が仕事を変える!」を読んでみた

分けることはわかることであり、

古今東西の分類法についてまとめられている本。
相撲の四十八手から、アリストテレスの知の体系まで紹介されており、広く浅く楽しむことができる。

どんな分野でもプロフェッショナルとは、素人が見分けられないようなわずかな違いを見抜く能力を持っている人のことである。
新しい分類法の確立によって、新しい市場が開発されたり、新しい学問の分野が生まれたりすることがある。
分類に入らない異分子があれば、何かしらの理由が考えられる。

  • 分類の対象物に対する理解が不足している
  • それがどのようなものにも分類できてしまう性質がある
  • 従来の分類には当てはまらない新しいものが生まれている
  • そもそも分類の枠組みがまちがっている

紹介されている分類法、表記などの一部

下降的分類と上昇的分類

  • 下降的分類:小さなグループに分け、そのグループをさらに小さなグループに分けていく方法。
  • 上昇的分類:似たモノどうしを集めていくつかのグループをつくり、さらにそれらのグループ同士で似たものを作っていく方法。

演繹的分類と帰納的分類

  • 演繹的分類:分類の基準が最初から決まっていて、それに合わせて分類していく方法。
  • 帰納的分類:分類の基準がなく、分類対象に合わせた基準をつくって分類していく方法。

改装構造と多次元構造

  • 階層構造:ヒエラルキー構造を持つツリー型の構造になる
  • 多次元構造:2つ以上の分類基準を組み合わせる表組み(マトリクスなど)で表す

二分割法

「Aであるもの」と「Aでないもの」のように、二つの種類に分けて考える、自由度が高く最も基礎的な分類法。
個人的に事業の収益構造のシミュレーションをする場合や、KPIの構造化をする時によく使っている気がする。
立花隆氏は「知のソフトウェア」のなかで、思考の柔軟性を養うために日常でできるトレーニングとして、人間を2分割する基準を次から次へと考える方法を提唱している。

  • みかんの皮を上からむく人、下からむく人
  • 本の後書きを最初に読む人、最後に読む人
  • 相手の目を見て話す人、目をそらして話す人

二分割法はその後も続けられ、分類後の種類は2のn乗で増加していく。

三分割法

二分割法に「分類できないもの」を加えた分類。
二分割法の最大の特徴は、どんな場面でも白黒はっきりすることだけど、どちらにも入らないものをグレーゾーンとして、「雑」に分類する。

  • Aであるもの
  • Bであるもの
  • ABどちらでもないもの(雑)

大分類、中分類、小分類

分類法の中で最も応用範囲が広いのは、階層的に分類していく方法で、大きい分類からはじめて徐々に小さい分類にしていく方法。
だいたいは3段階くらいで収まるけど、それ以上に分類してしまうと実用性が低くなるため、分類の構造を考えたほうが良い。

  • ご飯類
  • パン類
  • 麺類
    • そば・うどん類
    • パスタ類
    • ラーメン類
      • 醤油ラーメン類
      • みそラーメン類
      • 豚骨ラーメン類

記号と数字による表記

代表的なのは「日本標準規格」(JIS)など。
品目は基本的にアルファベットと四桁の数字によって表すことになっている。
アルファベットのAは「土木及び建築」、Bは「一般機械」など。
数字はアルファベットと合わせてA4111は「太陽熱利用温水器」、B1180は「六角ボルト」など。

十進分類法

図書館の本の分類は「十進分類法」と呼ばれる三桁の数字で表されており、アメリカのメルヴィル・デューイという人が発案した「デューイ十進分類法」をベースにしている。
本を「類」「綱」「目」の三段階で区分し、それぞれを10ずつに分類していくことが名前の由来。

  • 類(0:総記、1:哲学、2:歴史…など)
  • 綱(20:歴史、21:日本史…など)
  • 目(210:日本史、211:北海道地方、212:東北地方、213:関東地方…など)

リンネの体系的分類法

文字どおり系統的に分類することで、その種の系統が名前でわかるようになっているのが特徴。
「動物界 脊椎動物門 哺乳網 肉食目 ネコ科 ネコ属 イエ猫」など。

  • ドメイン:真核生物
  • :動物界
  • :脊索動物門
  • :哺乳綱
  • :サル目
  • :ヒト科
  • :ヒト属
  • :H.sapiens

また、分類しきれない場合には亜門、亜網、亜目、亜科、亜属、亜種などの項目を作る。

分類する技術が仕事を変える!
久我 勝利
日本実業出版社
売り上げランキング: 247,323
tomohiro.suzuki

株式会社スタンダード UXデザイナー。最近よく読む書籍の分野は戦略、統計学、組織論など。好きな漫画は3月のライオンとワールドトリガー。趣味は塩分摂取とアルコール。