SmartNews

Onboarding Redesign

新規ユーザーのためのオンボーディングプロセスのリデザイン

Overview

新しくアプリをダウンロードしたユーザーに多くのチャンネルを登録してもらい、プッシュ通知を許可してもらう。最初の5分で行われるこの一連の行動で、次の日も使うアプリになれるかが別れ、継続率に大きな影響があります。
STANDARDではユーザーがプッシュ通知を許可するまでのフローの設計と、初期の操作の負担を軽減するチュートリアル、それぞれの画面でスキップせずに興味を引くアニメーションの設計を行いました。

クライアント
サービス
期間
2014.03 - 2014.04
担当
UXデザイナー1名

Problem

最初のチャンネル登録で誤ってオフにしてしまうことや、プッシュ通知の許可が得られず翌日以降の継続を促すことが難しいという課題に対し、UXデザイナーの鈴木が初期バージョンのアイコンを担当したこともありお声がけ頂きました。

Approach

1現状理解・提案

クライアントからのヒアリングを通じて企画の背景や、ユーザーテストでの調査結果を共有して頂き、現状の課題に対しての認識と、プロジェクトのゴールに対する理解を得ました。

2体験設計

ヒアリングとユーザーテストでの結果を元に、アプリダウンロード後の初回利用時のユーザーの行動や思考、解決策としての仮説と、検証の指標をマッピングし、簡易的なカスタマージャーニーマップを作成しました。

中間成果物
- To-Be型カスタマージャーニーマップ

3プロトタイピング

理想の体験に必要な機能を抽出し、flintoで作成したプロトタイプを元に、実際のオンボーディングフローの検証を行いました。アニメーション部分についてはAfterEffectsでプロトタイプを作成しました。

中間成果物
- ワイヤーフレーム

4トーン&マナー設計・ビジュアルデザイン

既存のアプリ全体のカラースキームと、iOS7のフラットデザインへの対応方針や今後の拡張性を考慮し、既存の利用者も違和感なく使えるトーン&マナーの設計を行いました。

中間成果物
- デザインカンプ

Outcome

Related Works

その他にサービス改善で貢献した既存事業の一部です

Contact

変化の速い市場への投入機会を逃さぬように、
あなたの企画を素早く形にします。

まずはお問い合わせください。ヒアリングを通して、企画の実現に向けた次のステップを無料でご提案いたします。